Voice 04

地元で安心して働き、
暮らすことが、
チャレンジへの原動力。

三宅 瑛治
両備経営サポートカンパニー
人財本部グループリクルート部 
シニアリーダー
岡山生まれの岡山育ち。一度、地元を出てみようと京都の大学に進学。外の空気を満喫し岡山へUターン。地元での就職はごく自然な選択肢だったが、親の存在も大きかった。

#1 Background Uターン就活のきっかけ

一度、外に出たから、
岡山に帰って働くという
選択ができた。

生まれも育ちも岡山。私は生粋の岡山人です。でも、一度はここから抜け出したいという思いもあって、京都の大学に進学しました。大学時代は、真面目な学生ではなかったですね。時給がいいアルバイトで稼いで、いろんなところに遊びに行ったりしていました。文字通り、外の自由な空気が満喫できた、楽しい大学生活でした。でも大学生活も後半に差し掛かり、就職活動に突入。働く場所にこだわりはありませんでしたが、一度外に出たので、地元で働くのは自分にとって自然な選択肢でした。仕事をするなら、両親や家族の近くで、という思いもありました。経営学部だったので金融系かなと思ったり、接客のアルバイトが楽しかったので百貨店や小売かなと思ったり、興味のあるところにエントリーしていました。本当に、いろいろな企業を見ている中で、縁があったのが両備グループ。地元の企業だから昔から知っていて安心感があることに加え、事業領域が幅広くいろんな挑戦ができそうなことも決め手になりました。選考の途中で、人事が私の高校の先輩だと知り、さらに親近感がわきましたね。

#2 Change 自分自身の変化

仕事に挑戦するなら、
自分がほっとできる場所で。
岡山で、社会人生活をスタート。

もともと人ごみは大の苦手。でも、4年ぶりに岡山に戻ったら、変わらずのんびりした空気のまま。地元に帰ってきたなと実感できて、なんだかほっとしました。気候も温暖で、人も温かい。いろんな面で暮らしやすい土地だなと思いました。同級生や同期など、結果的に地元に帰ってきた人は多かったですね。入社した両備ホールディングスは、交通運輸、生活関連、不動産、自動車整備業など、思っていた以上に幅広い事業を展開している会社でした。最初の配属はバス部門運行営業所。管理業務や営業所運営補助を担当しながら、地域のインフラを支える両備の基礎を学びました。地元の人たちにとって、両備というとバスやタクシーなど運輸系に強いというイメージ。経験を積むほどに、今まで築いてきた両備ブランドは、こんな緻密な管理に支えられていたのかと驚きの連続でした。父親くらいの年代の先輩に囲まれ、新人なのに大先輩の給与計算を担当し大きな責任を感じると共に、いろんな年代の人と働く楽しさ、難しさを考えさせられた一年目でした。

#3 Turning Point 自分のターニングポイント

ゼロから数字を作り、
事業を成長させる
よろこびを経験。

営業所の管理、団体旅行営業、営業所の次長。様々な部署を経て、現在は人事部で新卒採用を担当しています。いろいろ経験しましたが、いちばん成長を感じたのは、団体旅行営業の時です。当社はそれまで法人向けがメインでしたが、学校関係を新規開拓していくためのチームが立ち上がりました。そこに私が配属されたのです。競合企業は全国展開している大手旅行会社。初めての営業で、最初は成果が出せず辛い時期もありました。しかし、強みである輸送力に加え、学校ごとのニーズに合った旅行プランにこだわり、コンペで案件を勝ち取っていきました。アクティブにいろんな経験を積ませたいという学校には面白いオプションを用意して生徒が選べるようにしたり、リスク管理に重点を置く学校にはセキュリティがしっかりしたホテルを提案したり。通い詰めでヒアリングをした結果、提案内容で評価されるのは嬉しかったですね。努力の甲斐もあって、ゼロから売上を作り、事業を成長させる喜びも味わうことができました。余談ですが、取引先である学校に恩師がいるのですが、きっとこれも地元ならではの経験。添乗員として恩師と一緒に修学旅行に行ったときは、なんだか懐かしい気持ちになりました。

#4 Message メッセージ

仕事と生活。
どちらの面でも
地元に帰ってきて良かった。

当社は岡山だけでなく中四国、関西、関東、海外と広域で事業展開しています。ずっと地元で働くという選択肢以外にも、エリアを広げて仕事ができますし、また岡山に戻ってくることも可能です。また、創業111年と歴史がありながらも、新しいことを積極的に取り入れる風土もあります。地元で安心して働きながら、新しいことにもチャレンジできる。それもきっと、両備グループの魅力ですね。一方プライベートでは結婚し、共働きですが、子どもに何かあっても、両親のサポートがあるから、心から安心できます。家族以外にも、昔ながらのご近所とのお付き合いもあり、気を配ってくれるので、環境はとても恵まれていると思います。自分が遊んだ公園で子どもが遊んだり、母校に通っていたり。自分が慣れ親しんだ土地で子どもが育っていくのを見るのは、うれしいものですね。地元に根差して働きながら、仕事を通じて地域に貢献する。そう実感するたびに、地元で就職して本当によかったと思います。