Voice 03

新潟のお客様に、
保険の大切さをお伝えすることが、
私の使命。

小野 福恵
日本生命保険相互会社 新潟支社 
新潟法人市場1課
新潟生まれの新潟育ち。地元の大学に進学。県外に出ようか迷ったけれど、母のそばにいたいという思いから新潟で就職活動。日本生命に入社し、地元で働く。

#1 Background 地元就活のきっかけ

家族との時間を
大切にしたいから、
地元で働くことを選んだ。

大学時代にがんばっていたのは、販売のアルバイト。お客様の要望をお聞きしながら商品を提案する仕事が楽しくて、人と関われる仕事がしたいなと思っていました。だから、就職活動では販売や営業職を中心に志望していました。日本生命を知ったのは、大学の先生の紹介で説明会に参加したのがきっかけ。成績を競い合う仕事だから、ギスギスしているかもしれない。そんなイメージを持っていたのですが、実際に職場を見せてもらうと正反対。みんな明るくイキイキ働いていて、魅力的な人ばかりで、すごく興味を持ちました。仕事は楽しいことも、辛いこともある。だから、誰と一緒に働くかはすごく重要だと考えていたので、人の魅力で日本生命を選びました。地元で働こうと思ったのは、家族との時間を大切にしたかったから。県外に出たい気持ちもありました。でも、親が元気で、私が独身で自由になる間は、家族が一緒にいるのがいちばんいい。そう考えて、地元での就職を選びました。

#2 Change 自分自身の変化

生命保険の知識や
経験が増えることが、
自信へとつながる。

入社2カ月間はビジネスマナーや商品知識、法律関連など、保険を販売するための資格やFP取得のための研修を受講しました。研修後はしばらく上司と一緒にお客様を訪問し、半年後から一人で営業活動をスタート。最初はお客様との会話もすごく緊張しましたが、上司が近くにいてくれたおかげで、少しずつ慣れていきました。大学や官公庁、企業など、お会いするお客様は業種も年代も様々です。だからこそ、話題についていけるように本を読んだり、友人相手にヒアリング練習をしたり、コミュニケーションスキルを高めるため努力しています。正直、私は日本生命に入社する前までは、保険の営業に対してあまりいいイメージを持っていませんでした。それはきっと、お客様も同じです。でも勉強を重ね、知識や経験を積み重ねる中で「保険は人生に必要だね」「保険って本当に大切なものだね」と言ってくださるお客様も増えてきました。自分を信頼して契約してくださるお客様のために。こらからも勉強を重ね、知識や経験を積み重ね、自信を持って提案できるようになりたいと思っています。

#3 Turning Point 自分のターニングポイント

幸せなカップルの
未来を考え抜くことで、
仕事の大切さに気づけた。

あるカップルとの出会いが、私の仕事の価値観を変えてくれました。もうすぐご結婚というタイミングで、将来にむけた準備のご相談でした。私は、もしどちらかが病気になった時に備えがないと、子どもの学資や老後のための貯金を切り崩すことになると、お話をしました。そして、保険を活用してリスクを管理し、人生を守っていくべきだと考えプランをご提案。ご契約時には「未来にむけて、本当にいい買い物ができました」という言葉をいただけたとき、心から「この仕事をやっていて良かったなあ」と思うことができました。入院や亡くなられた際、給付金請求の手続きをさせていただくこともあり、「保険に入っていて良かった」と言っていただける機会もあります。自分のケガや病気のために貯蓄をしている人は、まずいません。だからこそ、生命保険はなくてはならない商品なのです。私の使命は、新潟のお客様にその大切さを伝えていくこと。そのために保険はもちろん、国の制度などももっと勉強して、お客様のお役に立ちたいと思っています。

#4 Message メッセージ

地元が大好きだから、
新潟のお客様のために
成長したい。

日本生命で、生命保険に関わる仕事は、お客様の人生に寄り添い、支えること。きっとその仕事の本質は、新潟でも東京でも変わりはないと思います。でも、違うのは、新潟のお客様は地元の人が多いことですね。地元トークや共通の知り合いの話で盛りあがり、自然に話が広がります。「お願いすればすぐ来てくれるし、声もかけやすい。やっぱり地元の担当者がいいね」とおっしゃるお客様も多く、そんな期待にお応えするためにも、仕事を頑張り続けたいなと思います。都会に比べれば田舎ですが、生活に不便はありませんし、プライベートも楽しめます。そして何よりも、人が温かい。雪で通勤が大変な時もありますが、やっぱり地元が大好きです。いきなり東京や大阪などの大都市で働かなくてもいい。まずは、地元で社会人として基本的なスキルを身に付け、それから異動して違う場所で活躍する。日本全国に職場があるからこそできる、場所にとらわれない柔軟なキャリア形成も、日本生命ならでの魅力かもしれません。